ブログ

きょうは3件はしご

2010年09月27日 月曜日

といっても、仕事の話です。

その証拠に「3軒」ではなく、「3件」です(笑)

 

昨日の日曜日から、チバテレで

『ゆめ半島千葉国体高校野球競技ダイジェスト』のナレーションをさせてもらっています。

 

タイトルは非常に長いですが、つまりは『ゆめ半島千葉国体』の中の高校野球、

中でも硬式を中心に全試合の結果を詳しくお伝えします。

 

キャスターは『高校野球ダイジェスト』の上原風馬さん(写真は2ヶ月以上前ですが)。

 

20100927huma.jpg

 

そしてコメンテーターに、野球中継の解説でもご一緒した浅野優さんをお迎えします。

僕はというと、夏の高校野球と同じく試合のVTRでナレーションを担当。

ただ、今後の日程次第ではスタジオに登場しちゃうかもしれません。

特に今回の番組は、雨で試合が全て中止になっても放送があるので、

そうなると僕が駆り出されるかも(笑)放送は、30日(木)までの毎日、

チバテレで夜10時から。もちろん、生放送です!!

 

しかも今日は午前中にナレーションの仕事、

夕方はレギュラー番組の生放送があるので、

朝から東京→神奈川→千葉と大移動の予定です。

というわけで、こうしている間にも睡眠時間が削られるので(ただいま午前1時)。

おやすみなさい!!

山崎いさおさん舞台@高円寺

2010年09月25日 土曜日

ちょっとご無沙汰してしまいました。

このところメールを出来なかった理由としては、

?野球実況が落ち着いた割には慌ただしかった

?慌ただしかった割には、デジカメで撮るネタが少なかった。

?そもそも、デジカメが壊ていて使えなかった(笑)

まあ、?が一番大きい理由だったんですけど・・・。

そんなわけで、デジカメを新しく買っちゃいました。

今のデジカメって、2万円以下でも本当に種類も豊富で

いろんな機能が付いた物があるんですね〜。感心しちゃいました(笑)

 

そんな事は置いておいて、昨晩は仕事の後、高円寺に行ってきました。

事務所の先輩、山崎いさおさんが出演中の舞台です。

 

s-2010_0925romantic-boy.jpg

 

7年前の作品の再演「ロマンチックボーイ〜僕の本当2010〜」

 

山崎さんが「自分自身の役者人生の中でも5本の指に入るほど大好きな作品」と

案内をくれた、今回の舞台。現代を生き抜いている自分たちの

表面的な顔とは違う、誰にでもある「本音」を見事に描いた作品でした。

 

人間味があって、その中にメルヘンチックな部分もあって、それでいてコミカルで・・・。

それでいて、最後には静かな感動の波が押し寄せる、素敵な作品でした。

まさに、今の時代にぴったり。

あす・26日まで高円寺駅南口の「明石スタジオ」(03−3316−0400)で上演されています。

最終日の26日は15時から。オススメです。

秋の新チーム

2010年09月18日 土曜日

今朝は早起きして、久しぶりに千葉県野球場に行ってきました。

千葉県高校野球の秋季大会、第一試合で成田高校の初戦があったんです。

しかも対戦相手は、昨年の優勝校の八千代東。

さらに、第二試合には東海大望洋が登場、と見どころ満載でした。

 

s-2010_0918narita.jpg

 

少し涼しくなったからと油断していたら、スタンドの暑いこと暑いこと。

日焼け止めクリームを持って行って大正解でした。まぁ、すぐ汗で流れましたけど(笑)

 

成田高校はというと、7回コールド7対0で八千代東に勝利。

甲子園でも活躍した木村選手が新キャプテンとなり、きょうは2番で4打数4安打。

何だか、周りとの格の違いを見せつけるかのような固め打ちでした。

同じく甲子園で活躍した勝田選手は4番。高橋究選手は先発で7回完封の11奪三振。

新チームのこれからが楽しみです。

試合の後には尾島監督にもご挨拶できて、大満足!!

 

今日はこれからTOKYO−FMの泊まり勤務があるので、

家で休んでいようか悩んだんですが、思い切って出かけて良かった!!

でも、少し前だったら、迷わず出かけていたんだよなあ・・・きっと(笑)

体力に自信が無くなってきた事も痛感します。

というわけで、これから地獄の(笑)泊まり勤務に行ってきます。

 

あ、そうそう。成田高校の登場する「ゆめ半島千葉国体」硬式野球競技。

チバテレでのダイジェスト番組の時間が決まりました。

26日(日)〜30日(木)の毎晩22時〜22時30分の放送です。

スケジュール欄にも同様の案内を載せてあります。ぜひ、ご覧下さい!!

中村計「甲子園が割れた日〜松井秀喜5連続敬遠の真実〜」

2010年09月17日 金曜日

初めての夏の甲子園を見に行き、その興奮覚めやらぬうちに見付けた本。

 

s-2010_0916seiryovsmeitoku.jpg

 

今もメジャーで活躍する松井秀喜選手が

石川・星陵高校3年で出場した夏の甲子園。

その2回戦で対戦した高知・明徳義塾から5打席全てで敬遠された事は、

当時の僕には『事件』にさえ写った。

明徳義塾の監督や選手に対する批判が起き、

当時の僕もそれに似たような感情を持った記憶がある。

 

では、その当事者たちは、どのような気持ちであの場面を迎えていたのか。

文中からは、当時報道されていたコメントのうち、

本意で無かったものが多くあった事が感じ取れる。

たぶん、その試合の記憶がある人ほど『えっ、そうだったの?』と言いたくなる証言だろう。

 

それらについて、本当に丁寧な取材がなされている。

取材対象の説明、取材が実現するまでの経緯。

本編である当人へのインタビュー、さらにはその言葉を

周りの人達や同じ立場の人にもぶつけ多角的に検証する。

両校の選手や監督、そのライバルたち、そして放送の現場で試合を見ていた人たちの証言も。

 

その証言内容は、とても自然に感じる。

正直に、思っていた以上でも以下でも無い、ありのままの言葉を集めたドキュメンタリー。

読んだ人によっては『期待した答えと違う』となるかもしれない。だからこそ、伝わる気がする。

 

その中で、何人かの証言に通ずるのは『野球観』とは別の『高校野球観』。

つまり『勝たなければいけない戦いなのだから敬遠も当然』という考えと、

『選手のこれからの事を考えたら勝負させるべき』という考え。

 

それぞれの考えには説得力がある。

それは自身が信念に基づいて実行し、結果を残してきたことにも繋がっているだろう。

 

読んでいけばいくほど、一つの試合の背景にこんなドラマがあるのかと思う。

派手なドラマでは無いが、その場に関わったひとりひとりにドラマがあるのだと分かった。

読む者を引き込む文章の力は、山際淳司さんの『江夏の21球』を思い起こさせた。

ウマイ肉をガッツリと!「WEST WOOD」

2010年09月15日 水曜日

30歳を過ぎた頃から、それまでの肉中心の食事が変わって来た小笠原です。

肉より魚、魚より野菜を多めに欲するようになりました・・・・・が!!

それでも思い切り「肉を食べたい!!」という時はある。けっこうある!!(笑)

そんな時に、僕が自信を持ってオススメ出来るお店です。

 

今日から1週間放送のJCN「はっぴる千葉」では、

JR内房線・外房線・京葉線の乗換駅・蘇我駅から歩いてすぐの

ステーキ屋さん「WEST WOOD」をご紹介します。

 

s-2010_0914westwood-1.jpg

 

名前の通りにウエスタンなお店。中も西部劇の中にいるような雰囲気です。

 

そんなお店でまず頂いたのは、常連さんに大人気のメニュー「タコス」

 

s-2010_0914westwood-2.jpg

 

こちらのタコスは、中身の肉がとにかくジューシー!!

その肉と玉ねぎのバランスが絶妙です。

素材の味を活かすために、味付けは辛くありません。

だから、辛いのが苦手な人や、お子さんにも大人気。

 

s-2010_0914westwood-3.jpg

 

もちろん、タバスコもあるので味の調整は出来るのですが

初めて行った人は、まずそのまま食べてもらいたい!!

ご主人いわく「タコスだけ5個くらい食べて帰る人もいる。

メインのステーキも食べて欲しいのに(笑)」という程の人気メニュー。納得です。

 

続いては、ご自慢のステーキ。150gから500gまでサイズが選べる上に、

トッピングを5種類から選ぶ事ができます。

「バター」「たまねぎみじん切り」「ポン酢おろし」「にんにく」「大根おろし」

その中から僕が選んだのは「たまねぎみじん切り」。すると・・・。

 

s-2010_0914westwood-4.jpg

 

このスゴイ量のトッピング!!(笑)でも、これが大正解!!

先ほどのタコスでも感じた、玉ねぎの甘さが際だつんです。

しかも、肉が驚くほどやわらか〜い!!

日本向けに生産されたオージービーフは、本当にジューシーで

さっぱりしたソースと相性バツグン!!一度食べ始めたら、止まらないです(笑)

今回の番組では、肉の美味しさを引き立てるソースの作り方もお教えしちゃいますよ。

 

そして、このお店のもう一つのオススメメニューが、こちら!!

 

s-2010_0914westwood-5.jpg

 

看板メニューの「メガハンバーグ」

何がメガかというと・・・って、説明する必要ないですよね(笑)

500gの超ビッグサイズ!!でも、一口食べて思いました。

「あっ、これ全部食べられる・・・」

そうなんです。自家製の合い挽き肉と、特製ソースが肉の旨味を存分に引き出していて

これがどんどん食べられるんです。ちなみにソースは、

「デミグラス」「オニオン」「ポン酢」「和風」から選べます。

 

そして、スケールの大きいハンバーグには、こんなお酒を合わせてみては!?

 

s-2010_0914westwood-6.jpg

 

はい!!1リットルのメガジョッキで飲む生ビール(笑)

たまには、こういう豪快な食事も良いですよね。

それにしても、こちらの肉料理はとにかく美味しい!!

僕が今までいろんなロケで行った中でも、ベスト3に入るお気に入りのお店です。

千葉の蘇我まで行く価値は充分!!僕もまた近いうちに行きたいです。

 

あ、そうそう。このお店のご主人、とても気さくで素敵な方なんです。

そして、番組を見た方の特典も大盤振る舞いしてくれました!!

詳しくは、JCN「はっぴる千葉」をご覧下さい!!

2010チバテレ実況納め・・・?

2010年09月15日 水曜日

昨日は、チバテレ・マリーンズナイター「千葉ロッテvs福岡ソフトバンク」の

実況をしてきました。

20100914-4.jpg

 

マリーンズナイターの僕の実況担当は昨日が今季最後。

という事で、いつも以上に早く球場入り。そうしたら、記者室が空いていなかった(笑)

 

20100914-3.jpg

 

そんな昨日のゲームは、序盤にロッテが3点リード。

良いペースだなぁ、と思ったら・・・マーフィーが多村に痛い3ランHRを浴び、同点。

その後、井口のタイムリーで勝ち越しましたが、9回に同点となり延長戦に。

結局、延長戦で決着が着く前に放送時間が終了しました(泣)。

22時からの「NEWSチバ」の中でも試合の模様を中継したのですが、

番組の終わった直後にサヨナラ勝ち。

それでも、解説の倉持明さんと、中継の後も放送席に残りサヨナラ勝ちまで見届けましたよ。

でも、きのうはエラーが多い試合でしたね。

 

何かとバタバタで、試合後の写真が撮れなかったので、

代わりに試合前に食べた弁当の写真です。まずは・・・。

 

20100914-1.jpg

 

スコアをつけてくれた黒沢幸司アナが食べた

『GoGo大塚明弁当(一日55個限定)』

大塚明と堀がマリーンズを去ってしまうのは、まだ実感が湧かない・・・。

 

20100914-2.jpg

 

そして、僕が食べたのは『スタミナ弁当』です。

そのおかげで(?)昨日の長丁場の中継も元気に実況できました。

これで、今シーズンの実況は全て終了です。

応援して下さった皆さん、ありがとうございました!!

 

しかし・・・ここにきて、シーズン終了後もスポーツに関わる仕事が出来る事になりました。

今月末に行われる「ゆめ半島 千葉国体」。

この高校野球(硬式)のダイジェスト番組をチバテレで放送する事になり、

そのダイジェスト番組のナレーションを担当させて頂く事になりました。

キャスターは「高校野球ダイジェスト」の上原風馬さん。

詳細が分かりましたら、またお知らせしますね。そちらも、ぜひご覧下さい!!

NACK5中継2010実況納め

2010年09月11日 土曜日

何とか終わりました。心配していた声枯れが途中で出たんですが、

2イニングくらいでなんとか治り、一安心。

 

試合も緊迫感のある良いゲームでした。

さらにリスナーの3人の方が『体験リポーター』という事で、

試合前の取材体験の様子を放送席で報告してくれました。

 

20100911nack5.jpg

 

このような企画は初めてだったそうです。NACK5の企画って、本当に面白い!!

NACK5『サタデーライオンズ』の担当は、今季は今日が最後でした。

聞いて下さった皆さん、ありがとうございました!!

来年も出来ると良いなぁ・・・。

 

・・・と、ここでホッとしたいところなんですが、この週末はバタバタです。

明日から1泊2日で、静岡にロケに行ってきます。

月曜日の午前中に東京へ戻って、イッツコム「おかえり!」の生放送。

それが終わったら、翌日14日のマリーンズナイターの準備をします。

 

チバテレの実況も、今季は14日がラスト。

「千葉ロッテvs福岡ソフトバンク」、ぜひご覧下さい!!

 

2010・実況もラストスパート!

2010年09月09日 木曜日

昨日は夕方から西武ドームへ行ってきました。

台風9号の影響で大雨が降る中、辿り着いたドームは・・・寒かった!!(笑)

 

20100909seibu-dome.jpg

 

取材なのでビールを飲む気はありませんでしたが、暖かいカフェラテばかり飲んでました(笑)

そうやって球場に足を運んでいるのは、今週末と来週に実況の出番があるから。

プロ野球のペナントレースも首位争いが激しいですが、僕の実況も追い込みモード!!

チバテレもNACK5も、残すところ、今季の担当は1試合ずつです。

 

まずは明後日の土曜日、NACK5「サタデーライオンズ」です。

首位争いの大一番「埼玉西武vs千葉ロッテ」の実況をします。

いつもはロッテの応援モードで喋っているので、今回は複雑な立場ですが・・・。

そこはフリーアナですから、気持ちを切り替えて頑張ります!!

応援メッセージも、どしどしお寄せ下さい!!

 

その後、来週火曜日(14日)は、チバテレのマリーンズナイター。

こちらも首位争いの大事なゲーム「千葉ロッテvs福岡ソフトバンク」

倉持明さんとお送りします。

どちらも今季の喋り納め、ぜひチェックして下さい!!

はっぴる千葉「鮨 玄武」

2010年09月08日 水曜日

残暑の中、今年の夏は一度も食欲が落ちていない小笠原です。

まあ、食欲だけはあるので夏バテに気付いていない、っていう話もありますが(笑)

 

そんな僕にとっての、ありがた〜い仕事。それが「食リポ」

というわけで、今日からの1週間は久しぶりに

JCN千葉「はっぴる千葉」に出演致します。今回のお店は・・。

 

s-2010_0818genbu-1.jpg

 

千葉駅北口から歩いて10分、千葉公園の入口のすぐ近くにある「鮨・玄武」

おしゃれな店構えでしょ?店内もモダンな雰囲気。

特に間接照明にもこだわっていて、ゆとりを感じる空間です。

 

s-2010_0818genbu-2.jpg

 

まずは、地元・千葉は九十九里のお酒「梅一輪」を頂きました。

こういうお店で、美味しい地酒に出会えるのは嬉しいですよね。

冷やで頂くと、すっきりした味わい。胃袋が「さぁ、いらっしゃい!!」って感じになります(笑)

 

s-2010_0818genbu-3.jpg

 

そのお酒に合わせる先付は「アジの南蛮漬け」

使われているお酢がサッパリとしていて、上品な味。

実はこの「お酢」が、このお店を語る上でのキーワードなんです。

 

s-2010_0818genbu-4.jpg

 

・・・と、ここで自慢の魚介類を、まずはお刺身で頂きます。

左から「大トロ」「サンマ」「赤貝」「鯛」

特に赤貝は、噛んだときの押し返すような食感と磯の香りが絶品!!

魚の脂の乗り方も最高でした!!

 

s-2010_0818genbu-5.jpg

 

さて、ここ「お酢」の話に戻ります。

こちらでは、お寿司や料理で3種類のお酢を使い分けているんです。

左から「醸造酢」「米酢」「赤酢」

このこだわりが、素材の味を引き立てているんですね。

 

そして、いよいよご自慢の江戸前寿司へ。

 

s-2010_0818genbu-6.jpg

 

まずは、江戸前の代表格「〆サバ」

といっても、普段食べているお寿司のような酢の強さはありません。

サバの脂を引き立てるような、やわらかい酸味なんです。

 

s-2010_0818genbu-7.jpg

 

続いては、お寿司の王様「大トロ」

口に入れると、濃厚で贅沢な脂が押し寄せてくる!!のに、すぐ溶ける(笑)

いや〜、良いロケだなあ(笑)

 

s-2010_0818genbu-8.jpg

 

極めつけは、こちらも江戸前寿司には欠かせない「穴子」

ふっくらした穴子・・・舌の上で、はかなく溶けちゃいます(笑)

 

s-2010_0818genbu-9.jpg

 

そして、最後に頂いたのは「白身魚の甘酢あんかけ」

揚げ物や焼き物も充実しているんですよ。

もちろん、こちらにもお酢が活かされている事は言うまでもありません。

 

更にさらに、こちらの「玄武」さんは、お店の方がとっても気さくなんです。

お昼にはかなりお手頃な値段のランチもあって、いろんな意味で

気軽に利用できるお寿司屋さんですよ。

 

番組恒例の視聴者特典もご用意していますので、

今日から1週間放送の「はっぴる千葉」、ぜひご覧下さい!!

「戦力外通告〜諦めない男たち編〜」

2010年09月07日 火曜日

このタイトルを見て、ピンと来た方も多いはず。

TBSで放送しているドキュメンタリー番組『バース・デイ』の本です。

 

s-20100907birth-day.jpg

 

昨日、野村克也さんの本をあっという間に読み、

これも一気に読んじゃいそうだなぁと思っていたら、

案の定3時間で読み切っちゃいました(笑)

だからと言って、決して中身が軽い本というわけではありません。

 

むしろ、登場するほとんどの選手の現役時代を知っていて、

その選手が再起を賭けて受けたトライアウトの事を思い出すから

無我夢中で読んだ、という感じ。

 

番組では、どうしても当事者の表情や言葉に

意識が集中してしまいがちになります。

でも、本という形で改めて追ってみると、

出てくる選手の『決断』を冷静に(客観的に)見る事が出来ます。

 

テレビの時に感じた『あの〇〇選手が』というだけではなく、

『自分が同じ立場だったらどうするだろう』

といった多角的な捉え方も出来るのです。

 

そういう事まで意識しているのでしょう。

文章は当事者だけてなく周りの人、

しかもテレビに登場するような『当事者の家族』以外の人の証言も多く紹介し、

時にはその誰かが大きな影響を及ぼしたキーマンである事も紹介しています。

野球が好きな人に限らず、共感出来る部分の多い本なんじゃないかな。